ポメラニアンの「ラキ」くんセンターより引き出し保護しました:保護犬2017年7月4日

センターより

一般譲渡対象から外れたポメラニアンの男の子を引き出し保護しました。

ブリッジ具合からシニア判定だった事と

フードアグレッションがあり団体譲渡となりました。

保護犬ラキくん

ブリッジは先天性の可能性もあり、病院でも歯の様子から.若めな可能性もあると言う事でした。

年齢幅は5歳から8歳ぐらいとさせて頂きます。

ポメちゃん特有の物か一過性のものかは分かりませんが 皮膚病もあります。

預かりさんも 一杯で

当会では医療が必要な子ばかり続いてしまって

保護っ子に充分な事がしてあげられるのか凄く悩み呼びかけをさせて頂きました。

ご寄付本当にありがとうございます

ご支援物資も大切に使わせて頂きます。

まだ緊急の相談や

行き先が無く早急に保護しなければいけない子がいます。

皆さんのブログやFacebookに中々ゆっくりお邪魔出来ず

申し訳ありません。

ラキ君

引き出し日の様子として

怖がりさんですが、

わんちゃんとも全く喧嘩もせず、

人懐こい可愛い子です。

保護犬ラキくんの状態

ラキ君、怖かったね。

これから ハッピーな日々を送ろうね(^^)

これからラキ君の事宜しくお願い致します。

保護犬ラキくんの状態その2

ラキ君

ポメラニアン 男の子

5歳~8歳ぐらい

2.2キロ 痩せている。

体温38.1分

皮膚炎有り

保護犬ポメラニアンのラキくんです

歯石多少あり

心雑音無し

目 問題なし

耳 問題無し

血液検査 問題無し

フィラリア検査済み 陰性

本日レントゲン済み

先天性と思われる胸椎から腰椎にかけてブリッジ形成

(特に問題無し)

ポメラニアンの保護犬ラキくん元気になったら里親さんも募集します。

フロントライン 済み

検便済みマイナス

ドロンタール投与 済み

ワクチン 済み

パテラ両側グレード2

ポメラニアンのラキくん徐々に慣れていきます☆

またラキ君の事はご報告させて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする