フレブル二頭保護しました&キャバのラブちゃんについて。


協力ボランティアさんが
ブリーダーさんにフレブルの飼育管理の難しさや、温度管理など説得を続けられていたところ
、この度、フレブルの繁殖を辞めると決意したそうです。
この度、当会でもお引き受けし二頭保護となりました。

ダルさんがお迎えに行って
他の子達も含め、それそれの各スタッフが通院や送迎をしてくれました。





[この度の豪雨災害の被害にあわれた方が沢山いらっしゃるとの事です。

お亡くなりになられた方も多数、、、
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

どうか、これ以上の被害が出ませんように。m(__)m

そして、ワンコやニャンコ達も皆無事でありますように。]



保護した子。
クコちゃん 女の子
3歳

トマトちゃん 女の子
ヒートがあります。

4歳


クコちゃんは
かなりアレルギーが酷く、
これからフードやシャンプーで
改善をはかる事になりました。




今までも
病院へまめに連れて行かれていたそうで
本日通院時で皮膚検査しましたが、
やはり感染系の物はなく
不衛生な環境でもなさそうでしたので
アレルギーだろう、とのことでした。

クコちゃんは すじこちゃんママが預かりスタッフを申し出てくれました。


トマトちゃんは
ヒートがあるので
避妊は三週間後を予定しています。


トマトちゃんは
フレブルを希望頂いていた方と
避妊後お話を進めさせて頂きます




そして、キャバちゃん?キャバMIXちゃん?のラブちゃん、検査をしたら、
フィラリア 強陽性で
うじゃうじゃ虫がいました。30センチに達するサイズも。。。


フィラリア の予防もして貰えていなかったのですね

シニアで乳腺腫瘍の手術ができるかご相談するつもりが
フィラリアがある事も想定外でしたが数があまりに多く
手術中の事故も心配な為
まずはフィラリアの治療を開始する事になりました。


詳しく検査して頂きましたが
キャバリアに多い、心雑音が殆ど無く、安心しました。



判断が難しいですが
フィラリア 症がある中シニアで
麻酔をかけ 一つだけある乳腺腫瘍を取って何かあったら。。。




まずは、楽しい生活、のんびりとした生活をさせてあげたいです。


ラブちゃん
メディカル  
犬種     キャバリア
年齢     10歳以上
性別     女の子
体重     5.38㎏
体温     38.1℃
口                 歯石あり
皮膚    異常無し
目     両目白内障ぼんやり見えてる程度
心臓          心雑音はありませんが、分裂音があります。(フィラリアや貧血から来ている可能性)
鼠径ヘルニア  無し
臍ヘルニア   無し
乳腺腫瘍    右2つ目
血液検査    貧血(食事で様子見)
フィラリア   強陽性本日より治療開始
検便検査    (―)
避妊手術    (未)
ワクチン               未 


こんな感じで、のんびり生活始まりました。

クールベッドが気に入ったそうです。


保護っ子達、みんな頑張ります。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする