一般社団法人 SORA小さな命を救う会 機密保持契約内容

一般社団法人 SORA小さな命を救う会 機密保持契約内容は以下の通りです。

一般社団法人SORA小さな命を救う会(以下、「当会」という。)とボランティア間で、相互に開示される情報の取り扱いに関して、以下のとおり合意し、本契約(以下、「本契約」という。)を締結する。
なお署名・捺印した時点で効力を発揮し、当該秘密情報を開示対象者以外の第三者に開示又は漏洩してはならない守秘義務の契約は、退会後も永続的に効力を発揮するものとする。

本契約に違反し損害を与えた場合は、当該違反行為により被った損害の賠償をしなければならない。

契約の目的

当会を支援する里親様やボランティアメンバーの個人情報、同じく支援する組織や動物病院、トリミングサロンなどの組織情報など、当会に関わる全ての志や業務に支障を与えないことを目的とする。

秘匿情報の定義と範囲

  1.  当会で知り得た、里親様やボランティアメンバーの個人情報1. 当会で知り得た、里親様やボランティアメンバーの個人情報
  2.  寄付された活動費や物品の支援者、寄附団体の情報
  3.  当会を支援する協力動物病院の組織情報及び獣医師の個人情報
  4.  当会を支援する協力トリミングサロンの組織情報及びトリマー個人情報

禁止事項と制限事項

  1.  個人情報にあたる住所・氏名・電話・家族構成・顔が写った写真など、インターネットなどでの公開は厳禁とする。
  2.  支援者及び関係者の顔写真は、本人の許可なく撮影しないこと。
  3.  他者が撮った写真などの複製は、撮影者本人の許可なく使用しないこと。
  4.  当会へ寄付していただいた物品や活動費などは、支援者の情報を速やかに当会事務局へ届け出ること。ボランティア個人が受領した物品や活動費なども、上記と同じく物品や活動費と共に当会へ届け出ること。

漏洩時の措置と効力の期限

  1.  故意・過失に関わらず、一旦当会の代表に全ての経緯を報告すること。
  2.  重大な漏洩があった場合は、損害賠償請求に応じるものとする。
  3.  支援された物品や活動費などの届け出がない場合、預かった身分証明書と共に盗難届けを提出する。
  4.  秘密保持契約は、ボランティアが当会を退会した後も永続的に効力を発揮するものとする。

契約に定めのない事項

本契約に記載されていない事項は、双方誠意をもって協議し解決するものとする。

以上、身分証明書のコピー提示と共に、内容全てに同意し厳守することに異議はありません。

上記、機密保持契約はボランティア参加時に書面にて取り交わします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする