動物愛護団体 一般社団法人SORA小さな命を救う会|

家族を殺したのは誰ですか?

私達はただ、保護するだけではなく、
つねに
メディアを通して訴えたり、
学生の方達への研修や講演をしています。



それは何故か、こう言う事が終わる日が一日も早く来るように。





この子は
センターに収容され弱っていた子。




何からお話したら良いか。




皆さんにお話出来る内容もかなり限られているのも事実です。




そんな中、頭が纏まらないうちに毎日レスキューと手配の日々。



あまりにショックで申し訳なくて。


それでも沢山の保護っ子達の未来に一瞬足りとも
手を抜かないようにしながら集中して。




しかし気持ちは無力感で一杯の日々です。






ブログを書く気にもなれない。
そんな日々が続きました。



この子は
キャバリアのホープ君。


脱走なのか
迷子なのか、どちらかは分からないけれど、
所詮脱走させてしまう飼い主。


そして迎えにも来ない飼い主です


よく拡散されてる『飼い主さんのお迎えがありますように』



その言葉を見る度、最近は心が痛みます。




本当に必死で我が子を探してる飼い主は、どれぐらいいるのでしょうか




その子が再び飼い主の元に戻った後の地獄を
見届ける所まで責任を背負った人が
どれだけいるだろう。




迷子でも何日も迎えにもこない。



近所の人から飼い主にネットで見て『○○さん家で繋がれてる子じゃない?』と連絡してきて渋々迎えにくる家族もいる。



センターに迎えに来る度、職員さんに向かって
『勝手に歩かせてるんだから
一々捕まえて連れて行くな!』と罵声を浴びせる飼い主。


鎖で引っ張られ、車に押し込んで連れ帰る飼い主。


迎えに来てる飼い主で
泣きながら嬉しそうに愛犬を抱きしめる人なんて
殆ど見た事なんかない。


脱走させたら、大体逆切れする飼い主






もしかしたら大半は捨てたのかもしれない。



ホープ君も、そんな飼い主の犠牲になった一匹。



たった1人で昼も夜も歩き続け


車に跳ねられる事で
ホープ君の、1人ぼっちの夜は終わりました。




いえ、終わってなかったのです。


体中骨折し、苦しくて痛くて
お水も飲めない。
エアコンも無いコンクリートで何日も過ごしました。



飼い主が迎えに来てくれると信じていたかもしれない。


ホープ君はただただじっと待ちました。




収容期限内であっても
市民の家族、財産(ここであえて財産とも書きます)でもある所有権のある犬。

動物愛護法だってあります。


上記の理由から、犬が怪我をしていたら治療、検査するのは当然の事で。


本当は法律とか作ったりしなくても
当たり前に分からなきゃいけない大切な事って
無いのかな。




つねに私達の社会は[前例の無い事]に甘えたり、負けたりせず、
新しい優しい未来を作り上げて行かなきゃいけない。
そして、いつの間にか、それが当たり前になる。


職員さんにお願いして
職員さんも理解して下さり

(例え飼い主が現れても当会が100%治療費を払うと言う約束の元ですが)
センターから一旦預かり
病院にホープ君を運びました。



ホープ君、瀕死で
それでも生きようと
頑張っていて。


急遽私からの連絡で
センターに走ってくれた近くの
スタッフと、ICUにいるホープ君を撫でながら
『絶対元気になってね。幸せになるんだからね』って願いを込めて撫でながら
愛を一杯送りました。






私達はこういう子達を救う為に活動しているし、
そのような子ばかり運ばれてくるから、活動費は決して沢山ある訳では無いけれど、
こういう子に躊躇なく、十分に医療をかけてあげられるよう大切に皆様からのご寄付をお預かりし、普段から節約しています。





ホープ君
例え手術で歩けなくてもいい。
そしたら車椅子で歩けばいいもんね。



車椅子で幸せを手にした子に
教えて貰ったんだよ。


だからホープ君、安心してたら良いよ。



だから、どうか助かって。。。


ホープ君も『生きたいよ』って顔してるみたいに見えて
ワン、ワン!って
泣きました。



幸せな未来だけ想像しよう。


そして捨てたり、迷子にさせた飼い主に見つからないよう、そっと、そっと過ごして、
期限過ぎたら幸せになれる里親さん家族探そう!


預かりっ子中は私達が家族だよ!




絶対守るからね!



そんな約束をして帰りました。



スタッフもお見舞いをしてくれて





2日後、病院から電話がなり、
怖くて、手が震えながらでしたが
何とか出ました。


先生の声ですぐに分かりました。



ホープ君、心臓が止まりました。
蘇生してますが、厳しいです。


そう仰って


『先生、今から高速に乗り、引き返すので
ホープ君に頑張って生きてって伝えて下さい!』


泣きながら伝えました。



すぐにスタッフにも連絡し、
スタッフも着の身着のまま、また家を飛び出して。




病院に到達したら
ホープ君はもう息を引き取ってました。






ホープ君
『生きたかった、でも、もういいんだよ』って
言ってるように感じました。


抱きしめて、さすって
まだ温かくて柔らかいホープ君に
しがみ付いてワンワン泣きました。




本当はこう言う写真も公開するつもりはありませんでしたが、ホープ君の頑張りが誰にも知られずに過ぎていくのは、やっぱりいけない。




たった2日だけど
どれだけ私達がホープ君を愛したか。



ホープ君は私達の家族です。


それを捨てた飼い主に伝えます。






ごめんね。

こんな世の中で。


ごめんね、何も変えられなくて。

ホープ君、苦しい思いをさせてごめんね。




何回もそう言って。


本当は、『頑張ったね』って言わなきゃいけないのに

ごめんねしか、出てこなくて。



ホープ君は飼い主によって
孤独になり、殺されました。




そして、ホープ君は
この愛が欠けた社会によって、
皆の無関心によって、亡くなりました。





脱水でご飯も食べる事も出来ない中
暑いコンクリートの上で何日も過ごし、


たった2日だけ、人の愛情に触れられました。



光と影の境目は何処か。




こんなに可愛い子達が、

愛されて当然の命が尽きていく。


人の本当の優しさに触れる事が出来ずに。







ホープ君は次の日お葬式で。
お別れに行ってきました


そこでやっと痛みから解放された事に気付きました。
そこではじめてホープ君に伝えました

『頑張ったね。
ありがとう。生きたかったね。ごめんね。見ててね、心から寂しいけれど、またね』






お盆にホープ君の初七日もあり
先日もお参りに行ってきました。


あなたに会えてよかった。



一つも迷いなく、躊躇なく
あなたを救いたかった事、
どうか虹の橋を渡る時にでも思い出して。




そして、いつか
またあなたのフワフワで優しい体を
抱きしめさせてね。




その時までには、

立ち止まる事なく
闇だらけの社会を終わらせるよう
走り続けるよ。





一部の人だけしか
小さな命を守ろうとしない
狂った世の中が終わるまで。


愛が街から消えないように。




ホープ君、
あなたは私達のホープ(希望)だよ







病院の先生、ありがとうございました。
普段からご寄付やご支援下さる皆様

沢山の子達が入院や手術をしています。
ホープ君に大切に使わせていただき
ありがとうございました。

enclosure  
syndication_source 一般社団法人SORA小さな命を救う会 メインブログ 
syndication_source_uri https://ameblo.jp/sora-chiisana-inochi/ 
syndication_source_id http://rssblog.ameba.jp/sora-chiisana-inochi/rss20.xml 
syndication_feed http://rssblog.ameba.jp/sora-chiisana-inochi/rss20.xml 
syndication_feed_id 1 
syndication_permalink https://ameblo.jp/sora-chiisana-inochi/entry-12618767890.html 
syndication_item_hash 368793ad2a5a83caa3b71d7acc096de3 f9ff3f1dd249a6afa220b1baf9877caa 6aa1533ff7146e458ec78efb2014d108 7210ad033d0485b9f794f5ddab1f917a 

« 前のページに戻る

サイト内検索

***SORA公式***チャリティSHOPオープン

オリジナルSORAグッズなどお届けできるSORA公式チャリティSHOPがオープンしました!!!ぜひ遊びに来てください。
オフィシャルチャリティショップはこちらへ

SORA西区事務所ご案内

SORA小さな命を救う会
新拠点オフィスオープン
住所:〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町1-47

場所の詳細は活動ブログをご覧ください。
https://ameblo.jp/sora-chiisana-inochi/entry-12449029301.html

スペシャルサポーター様

「一般社団法人SORA小さな命を救う会への問い合わせ先はメールアドレスのみとなります。 サポーター様へ一般社団法人SORA小さな命を救う会に関してのお問合せはご迷惑になりますのでお控え下さい」


チラシ設置のご協力


SORAチラシ



当会は以下のとおり複数の行政登録団体です








  岐阜県


amazonでのお買い物で寄付できます。


ペット用品などの購入で支援する

※上記リンクからamazonにてお買い上げいただきますと、お買い上げ金額の一部が自動的に当会へ寄付されます。
ペット用品以外のお買い上げでも寄付されます。



アメブロなどのSNS